2017年9月20日水曜日

新月の日、彼岸入りの9月20日

秋めいた甲山は実りの秋になるのか?
9月に入ってからシバグリが目立ち始めましたが、最近はこっちも気になる。
たわわに実っている柿!
 
その他にも駐車場で確認できる実はいろいろ♪
 
                   シバグリ
   ローズヒップ
           ムカゴ
                  アケビ
     サルトリイバラ         コナラetc



 木になにかくっついています。

ひゃーーーーーーー!!!

おっきい、5センチ以上ある毛虫です。
先週からずっと同じところにいるらしいのです。
柵を越えた向こうにある木なので、顔を近づけるにも
難しいのこでここは網で捕獲することに

 
 











 
 
 
 近くで見れば見るほど奇妙な姿の正体は

       「アカヒゲドクガ」
毒は持っていないらしく、触れるらしいのですが
ちょっとこれは触れる気にはなりません…
もちろん、元の場所に戻したのですが、元にいた木のくぼみに
すっぽりと元通りで、頭の向きまで方向転換までして形状記憶のようでした。

ちなみに、わーわーぎゃーぎゃーいいながら捕獲したのはここだけの話(苦笑)




学習館では夏休みにやってきたテナガエビが二度目の脱皮です。
今回はヒゲの部分まですっぽりときれいに脱皮できたようで、
展示しています。乾燥してしまいましたが、脱皮したての時はキラキラと
輝く透明の抜け殻でとってもきれいでしたよ。
 


2017年9月15日金曜日

湿原観察園の花

 

すっかり秋めいてきましたね。

  


 
 
 

お!ヤシャブシの枝にバッタが。

 

幹をつたってのぼったのかな?

 

きょうは湿原観察園の花を見てみたいと思います。

 
 

 

サワギキョウ



 
 

ミズギボウシ



 
 
 

キセルアザミ

 

葉は無毛で、触っても粘りがなく、トゲトゲしていません。

 



 

ワレモコウ

 

葉をもむとスイカのような香り。





 
 

サワシロギク



 
 

サワヒヨドリ

 
 

はかなげな花たちが秋風にゆれる姿は絵になります。

 
 
 

帰り道に池の横を通りますと

 

パシャパシャッ




 
 

カエルたちがいっせいに水に飛び込んで

 

水面にたくさんの輪ができました。

 

池の中で忙しそうに動き回っています。

 

「これから寒くなるまでに、たっぷり食べておこう!」

 
 

生きものたちの秋の暮らしが始まっています。

 

2017年9月4日月曜日

長月の楽しみ

今朝はボランティアさんが自然環境調査のため学習館に集合!

いつも足取り軽く、和気藹々と楽しそうにでかけていきます。

私もお供してみたいものです。



夏休みも終わり静かになった学習館ですが、子供たちが
 
残してくれたいきもの記録がたくさん集まっています。
 
ボードに納まらないので他の場所にも貼ったり、何度も来て
 
描いてくれた子は重ねて貼っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そろそろセミも終わりに近づき、ツクツクボウシが
 
夏の終わりを告げるかのように大合唱中!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アサガオもそろそろ終わりですねー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、
 
自然の家周辺をうろうろしていると木の枝にぶら下がった
 
おかしな物体を発見。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうやら足のようで、両方あわせて20本。
 
ゲジゲジが脱皮したようです。
 
調べてみると脱皮するごとに足が増えるようで最大30本に
 
なるのだとか。そして、ゲジはゴキブリを捕食する益虫なのだそうですよ。
 
かといって、おうちで飼うのはちょっと…ですねー
 
小さいころに「頭を這われると禿る」と聞かされていましたが、
 
迷信のようです。
 
 
 
そして、
 
秋の気配があちこちに♪
 
シバグリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマノイモ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早くもサクラの葉っぱは黄色く色づきはらはらと散り始め、
 
虫の声や鳥の声が聞こえてくるようになってきました。
 
散策するには良い季節の到来!
 
さて、今年の秋はどんな感じになるのか楽しみですね。
 
 




2017年8月28日月曜日

ついに夏休みが終わってしまう


8月の終わりはなんだかさみしくなります。

いつまでたっても小学生のころの気持ちのまま…(^^;

もちろん課題も山積みで、これも相変わらずカワラナイ…(ーー;


今日の甲山は、
 
そろそろ夏休みも終わりなのでパパ業を頑張る父子がちらほら。
 
BBQ、川遊び、虫とりなどなど良い思い出になりそうですね!
 
この夏もたくさんの家族が甲山で楽しんでくれました。
 
カブトムシ・クワガタは大人気、お父さんたちも「懐かしー!」と子どもそっちのけ、

お母さんたちにはタマムシが人気で、優美な姿は今も昔も変わらず目を惹くのですね☆
 
残念ながら学習館のタマムシは息絶えてしまいましたが、飼育のわりには長く生きたようです。

決め手は新鮮なエノキの葉っぱを与えていたのが良かったみたいですよ。




『本日の学習館周辺』

 

それなりに涼しくなってきたから?
以前に比べると虫が見つけやすくなりました。


   
     バッタやキリギリスが活動的





 



あなたのお名前は?






きれいな羽を撮らせてくれませんでしたが、
モノトーンなのにビビットな色の水玉は
まるで草間弥生のアートみたい!








と思って顔を上げると真っ白なガ発見。良く見ると縁には黒い点々が















ハイイロチョッキリも活動開始!
あっちにもこっちにも、チョキチョキ、地面に気を取られていると上から落ちてくるので要注意!!






 白と黒の細長い何かがまとまって…

何かのフンかな~っと近寄ってみると




その横には花火の燃えカスが…
ご覧のとおり落ち葉もあり、何事もなく良かったものの
山火事の可能性は無きにしも非ずです。
今朝もボランティアさんが甲山周辺をゴミ拾いをしながら学習館に立ち寄ってくれていた後だけにナンダカナ~
自宅の庭なら燃えカスも片づけるでしょうし、ゴミのポイ捨ても絶対にやらないと思うのですが、どうしたものか。




みんなが心地よく過ごすためには必要最低限のルールは守って楽しみたいものですね。
あと少しがんばりましょう!
と言われているかのような四つ葉のクローバー発見です。


























2017年8月24日木曜日

処暑になり・・・

暦の上では、暑さも落ち着く処暑となりましたが、お昼の甲山は気温37度!
今日も暑い1日となりそうです。

でも湿原観察園では・・・

秋の七草でもあるキキョウが咲いていました。
第1湿原の入口近くにもいっぱい咲いています。

鮮やかな紫が涼しげです。

そのほかにも、ワレモコウやサギソウが咲きそろい、たくさんのお花が楽しめます!

夏休みも終盤になってきて、お子様がいるご家庭では、宿題の進み具合が気になるころですね。

気分転換にぜひお散歩にいらしてください。

みんな残りの宿題、がんばれ~!!


ワレモコウ
サワシロギク

ミス゛キ゛ホ゛ウシ
サキ゛ソウ

2017年8月15日火曜日

お盆の甲山実況中継

お盆真っ只中の甲山はランニングのお客さんが多いです。
いつもはお見かけしない本格的な装備でトレランしている方々が
みやたんハウスの横を駆け上がって行き、
颯爽と走っていく姿が見ていて気持ち良いです。

学習館には夏休みの自由研究の調べものに来る子たちが多く、
外来植物、気になる葉っぱの樹木、仁川でとった魚などなど、
今日は甲山の石について来ていたり、ノートとったり、絵を描いたりと真剣です。
どんな作品になるのかなー?

お盆らしいと言えば、去年まで西宮にいたという子が祖父母のところに帰省し、
学習館に来てくれました。今は自然が多い関東の方にいるようで、
空気が全然違うし、緑が多くて過ごしやすいと教えてくれました。
小学生でもそんな風に感じるようです。


空気といえば、あんなに蒸し暑かった8月初旬に比べると朝晩カラリとしています。

立秋からお盆前までは
     「涼風至(すずかせいたる)」  といって秋の気配を感じられる風に変わり、
今は、 「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」     という立秋の次候です。

昔の人は気温や天気を予測するものがなかったのに暦を愉しんだり、
田畑をしたり、肌で季節を感じていたのだと甲山に身を置くと実感できます。
蝉時雨も毎日よ~く聞いていると秋の気配がするのです。。。気のせいか??


さて、今日の学習館周辺は

「エノキハイボフシの虫こぶ」
 たくさんあります。あっちにもこっちにもボコボコ。


「ヤブツバキ」
 早くもツボミをつけ始めています♪


 「サムライマユコバチ」
 繭に穴が!どうやら無事に孵ったようですねー
 繭はこのまま風化するまで残るのでしょうか?
 引き続き観察してみたいと思います。

「バッタ」
名前がわかりません。。。まだ成虫ではないかんじでしょうか?
青竹のようにあざやかです。元気すぎてなかなか写真を
撮らせてくれませんでした。

「カワニナ」
学習館のテナガエビ水槽にポツポツと赤ちゃん発見!
見つけた時は点だったのに1週間で巻貝らしくなりました。
といっても、まだまだ小さいです。

「おまけ」
 タマムシのカゴに小さな女の子がデコレーションしてくれてました♪
 こういう発想力羨ましいですね(^^)
 こちらもなんとなく秋の気配かな。



2017年8月3日木曜日

エビ界のモデル in 仁川

 
 
こんにちは

最近学習館に
入ったテナガエビです
 
このすらっとした手をみて
 
 
 
会いたくなったら甲山学習館へ
夏休の自由研究にもおすすめの本もそろってますよ
 
 



2017年7月25日火曜日

7月最後のブログ


今日もカメラを持って学習館周辺の植物と生きもの観察
朝に小雨がぱらついたせいか、気温は低くとも湿度は80%を超え
  体にこたえます。。。
  そんな中、合宿中の高校生たちは黙々と走っており、見ているだけで
  パワーがもらえそうな気がしているのです。
 
 
 『カエデドコロ』
似たような花の植物がある中で見分けるポイントは葉っぱにアリ!
図鑑で調べると良くわかりますが、朝顔のような葉っぱが
カエデドコロのようです。

 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『アケビ』
たくさん実り始めています。
秋には淡い紫になり、実がはじけるのが楽しみです。
狙っているのは鳥だけでなく、おやつにしようとニンゲンも待ち遠しい♪


 
 
『シバクリ』
こちらも秋のお楽しみ!
食べるよりは観賞に向いている種類です。
緑がキラキラ輝いています。こんな小さい時から
トゲは痛いのでしょうか??? 

 
 
『サルトリイバラ』
こちらも実がなっていました。
実りの秋に向けて植物たちは真夏から準備中・・・
熟して赤くなりますが、食べてもおいしくないみたいです。
クリスマスリースなんかに良く使われていますね。
 
 
 
『オビガ』
葉っぱの後ろに綿毛かと思っていたら毛虫でした!!
日本に唯一生息するオビガ科の幼虫
まだこれはまっ白い状態ですが、成長するにつれ
茶色く変化するようで、オレンジ色の先っぽがそれのようです。
しかし、毛虫は本当にアートですね~
 
 
 
『サムライコマユバチ』
2週間前にスズメガの幼虫に寄生していたのですが、
今日見ると幼虫はおらず、先日より繭がふわふわに
なっていました。
あとどれくらいで孵化するのでしょうか?
しばらく見守りたいと思います♪

2017年7月18日火曜日

甲山産の野菜でピザ!と今日の特別なお客様

とっても暑かった三連休、みなさまはどのように過ごされたでしょうか?
17日の海の日、甲山自然環境センターでは「フレッシュ甲山産夏野菜でピザ作り!」が開催されました。
「ピザ生地のばし」は最初はむずかしかったようですが、ボランティアの皆さんのお手伝いもあって、どのご家族のピザもとっても上手においしく焼けました!
都市近郊でありながら、無農薬の野菜を収穫して、キャンプ場でピザを作る、そんな自然環境がこの西宮にあるって、素敵ですよね。
ご参加、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。



 

さてさて今日の特別なお客様とは・・・
オオシロカミキリさんです。


体長約2センチ、真っ白な体がとてもきれいです。来館された方が見せて下さったものです。なかなか見ることのできない昆虫に出会えると、やっぱりテンションが上がってしまいます。

甲山自然環境センターでは「エコひろば」や「あそぼうや」などのお子さまや大人の方も楽しんでいただけるイベントを他にもたくさん企画しています。
もうすぐ夏休み!虫達もげんきいっぱい!
たくさんの方が訪れてくださるのをお待ちしています!