2017年7月18日火曜日

甲山産の野菜でピザ!と今日の特別なお客様

とっても暑かった三連休、みなさまはどのように過ごされたでしょうか?
17日の海の日、甲山自然環境センターでは「フレッシュ甲山産夏野菜でピザ作り!」が開催されました。
「ピザ生地のばし」は最初はむずかしかったようですが、ボランティアの皆さんのお手伝いもあって、どのご家族のピザもとっても上手においしく焼けました!
都市近郊でありながら、無農薬の野菜を収穫して、キャンプ場でピザを作る、そんな自然環境がこの西宮にあるって、素敵ですよね。
ご参加、ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。



 

さてさて今日の特別なお客様とは・・・
オオシロカミキリさんです。


体長約2センチ、真っ白な体がとてもきれいです。来館された方が見せて下さったものです。なかなか見ることのできない昆虫に出会えると、やっぱりテンションが上がってしまいます。

甲山自然環境センターでは「エコひろば」や「あそぼうや」などのお子さまや大人の方も楽しんでいただけるイベントを他にもたくさん企画しています。
もうすぐ夏休み!虫達もげんきいっぱい!
たくさんの方が訪れてくださるのをお待ちしています!





2017年7月12日水曜日

梅雨の晴れ間、観察記録―学習館周辺―


学習館の周りをカメラを持ってうろうろ…

  紫陽花やツユクサなどがいきいきと咲いています。

 

ですが、暑すぎるのか虫たちには出くわさず...

  セミの鳴き声を聞こえるものの姿は見えず...

    樹液のたくさん出ている木にも、時間が時間だけに何もいない...

 

と、思いながら歩いていると

 
アセビの葉になにやら繭のようなものを発見し近づいてみると

 

   !!!

 

アオムシ!! しかも、繭の卵を食べているのでしょうか?
 

 

 
カメラに記録して学習館へ

 
図鑑とインターネットで調べてみると

 
「スズメガ」の仲間の幼虫と「サムライコマユバチ」の仲間の繭でした。

コマユバチは幼虫に寄生するらしく、この時も一緒にいたのですが、
 
寄生している画像をインターネットで調べているとなかなかな画像ばかりで、

私たちが見つけたものはかけ離れているので随分と特定までに時間がかかりました。

 

そんなところに、良く昆虫採集に来られる方が現れたずねてみると、
 
幼虫の動きがまさに卵を守ろうとしている動きだとか。

 

さすがですね!!

 

その後、

学習館横でトカゲがちょろ
 
 
ちょろ、
 
 




 
 










自然の家スタッフがコヤマトンボを捕獲、観察だけさせてもらい外にかえしました。

 

 

植物は、

ナツハゼと
 

 
 
ムクノキ


 












秋になると熟して甘くおいしいので楽しみです♪

2017年6月27日火曜日

野の花 なにが咲いているかな?






 
 
 

初夏の街をいろどるアジサイ。

 

学習館横のアジサイも満開です。

 

華やかな花もきれいですが、ちょっと道端に目をやると

目立たなくても立派に咲いている野の花が見られます。

 

どこでも見られる花ではありますが、

キャンプ場内で見つけたものをご紹介します。

 
 
 
 

 

ニガイチゴ

 

実が苦いのかな?と思わせる名前ですが

 

なかなか甘いです。



 
 

ムラサキニガナ

 

うつむきかげんに咲く小さな花をつけています。




  
 

ニワゼキショウ

 

庭石菖と漢字で書かれる通り、アヤメ科です。

 

明治20年ごろ観賞用として日本に伝わったそうです。




 
 

チダケサシ

 

湿原観察園で見られます。

 

不思議な名前ですが、山に入った人が

食用になるチダケ(乳茸)というきのこを

この茎に刺して持ち帰ったことから名前がついたとか。

 

小さいピンクの花は繊細です。




 
 

ツユクサ

 

よく見ると、個性的な形ですね。

雨露にぬれた姿も美しいです。




 
 

コナスビ

 

ナスに似た果実をつけることからこの名前に。

 
 

 
 

 

ドクダミ

 

薬草としても知られ、お茶としても飲まれます。

 

多くの薬効があるため「十薬」と呼ばれるとか。

 

白い部分は葉が変化した苞葉(ほうよう)。

 

何となく効きそうな独特のにおいがしますね。

 
 
 
参照:野草図鑑 高橋修 著 ナツメ社

  

 

2017年6月23日金曜日

夏の人気者


学習館の人気者をご紹介します。

 

現在、館内で会えるクワガタ・カブトムシたちです。(日々変動します。)

 
 
 
 

コクワガタ




 
 

ネブトクワガタ

 

 
 

土にまみれてワイルドなヒラタクワガタ



 
 
 

カブトムシのメス

 

「ちょっと、起こさないでよ!」とご立腹のようす。

 
 
 

学習館では展示されている生きものだけでなく、

 

虫の図鑑も自由に見ていただけます。

 

クワガタムシってどんなところにいるの?どうやって飼ったらいいの?など

 

わからないことがあれば、お気軽にお立ち寄りください。

 

2017年6月8日木曜日

今日の観察園

 
 里山に生息のニッポンマイマイが

梅雨入りをイメージさせます。
 


観察園では ノハナショウブが咲き始めています。

 まっすぐの蕾

開花
 
鮮やかな紫色が湿原の緑に映えます。
 
学習館の 湿原の植物 の スライドショー では
 
他の植物なども写真で観ることができますので
 
甲山散策の際は お立ち寄りください。

2017年5月25日木曜日

たーまーご

 
たまご写真集
 
何のたまごかなー?
 
何が生まれているかは
 
甲山自然学習館に
 
来てみてね
 
 


              
 
 

2017年5月23日火曜日

甲山の一日

 
初夏の訪れを感じずにはいられない今日。
 
ホトトギスの鳴き声も甲山では聴こえました。
 
今日の周辺の草木、いきものたちのスナップを集めてみました。
 
 
 トキソウ
 アオスジアゲハ
コアジサイ
 
シジュウカラ
オナガアゲハ

2017年5月11日木曜日

私は人気者

 
 

学習館ブログを読んでくださっているみなさん!

 

いつもありがとうございます。

 

私、学習館の近くに住んでいるのですが

 

誰だかわかりますか?

 
 
 

 
 

私、私ですよ!ツツジじゃなくって

 

真ん中のYの形をした木!

 
 
 
 
  

エノキですよ!エノキ!

 

雑木林でも公園でも、どこにでもあるから珍しくないし地味ですって?

 

国蝶のオオムラサキやゴマダラチョウ、ヒオドシチョウの幼虫、

タマムシの食草のあのエノキさんですよね?って、そうですよ

フォローありがとうございます。

 

私はね、こうやってじっとしてるだけでいろいろ虫が寄ってくるんですよ。

 

今日は人気者の実力を見てもらおうと思います。

 
 
 
 
 

こちらはテングチョウの幼虫。しっかり食べて大きくなってね。

 
 
 
 

テングチョウの幼虫は足が褐色のものもあるんですよ。

 
 
 
 

ちょっと、クロモンキリバエダシャクさん、

写真にうつるからって、ポーズ決めすぎですよ!

 
 
 
 

こちらはヨコバイの仲間。一皮むけたようです。

 
 
 
 

あら、ナナフシモドキさん。いっぱい食べたあとは出しております。

 
 
 
 

ゴミがついてる?違いますよ。

 

エノキワタアブラムシです

 
 
 
 
 

これもただの泡じゃないですよ。アワフキムシの巣のようです。

 

雨風にも強く、アリからも身をまもれる快適住宅。

 
 
 
 

葉がボコボコしててきれいじゃないって?

 

エノキハイボフシの虫こぶなんですよ。

 
 
 
 

このイモムシはミノウスバの幼虫。

 

おとなりのマサキさん家から遊びに来たみたい。

 

アリがびっくりしているように見えますね。

 
 
 

たった一日でもこんなに虫がいっぱいいるんですよ。

 

やっぱり人気者でしょ。私に出会ったら観察してみてね。

 
 
 
(参考:イモムシハンドブック 文一総合出版)
 
 
 

2017年5月1日月曜日

旅立ち

学習館で冬越しをしていたアオスジアゲハのさなぎ。
 
ようやくその姿をみせてくれました。
 
 
 
羽化したての柔らかい翅を乾かしています。
 
 
 
少し翅を動かしてみます。
 
 
 
蜜をもとめて。
 


旅立ちの日にふさわしい晴れた日。
新しい世界へようこそ。